タグ:青紫色の花 ( 74 ) タグの人気記事

オキシペタルム・コエルレウム

d0059226_8485734.jpg

オキシペタルム・コエルレウムはガガイモ科ルリトウワタ属(オキシペタルム属)の蔓性多年草である。
分類体系によっては(APG第3版)キョウチクトウ科とされる。
オキシペタルム属は世界に126種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
本種の原産地は南アメリカである。
ブラジルの南部からウルグアイにかけて分布する。
和名は瑠璃唐綿(ルリトウワタ)といい、属名の和名もルリトウワタ属という。
園芸的にはブルースター(Blue Star)の名で流通している。
これは英名ではなく、あくまでも流通名である。
英名としてはサウザン・スター(southern star)などの呼称が用いられている。
なお、旧属名をトウィーディア属(Tweedia)といい、トウィーディアの名でも流通している。
草丈は60センチから100センチくらいである。
茎や葉には白い毛が生えている。
葉はほこ形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から10月くらいである。
上部の葉の脇から集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、淡い青色や青紫色の花をつける。
花冠は星形で、真ん中に副花冠がある。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
茎や葉を傷つけると白い乳液が出る。
アルカロイドが含まれていて有毒である。
花言葉は「信じ合う心」である。
1月24日の誕生花 である。
属名の Oxypetalum はギリシャ語の「oxys(鋭い)+petalon(花弁)」からきている。
種小名の coeruleum は「青色の」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Oxypetalum coeruleum


★瑠璃色の唐綿の花可愛いよ
 花の形が独特だよね

d0059226_8491361.jpg



花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2017-01-24 08:52 | ガガイモ科 | Trackback | Comments(0)

トレニア

d0059226_14515100.jpg

トレニアはゴマノハグサ科ツルウリクサ属(トレニア属)の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)アゼナ科とされる。
トレニア属は東南アジアやアフリカに60種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
日本にも蔓瓜草(ツルウリクサ)が分布し、属名の和名はツルウリクサ属という。
本種の原産地はベトナムである。
英名はブルーウィングス(bluewings)やウィッシュボーンフラワー(wishbone flower)である。
ウィッシュボーンは鳥の胸のV字形をした骨のことである。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
園芸上は一年草扱いをされ、庭植えや鉢植えで観賞用に栽培されている。
和名は花瓜草(ハナウリクサ)という。
和名の由来は、蔓瓜草(ツルウリクサ)の仲間で花がきれいなことからきている。
トレニアは属名であるが、YListでは本種の別名として記載している。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から10月である。
紫青色をした花径15ミリから20ミリくらいの唇形の花をつける。
園芸品種には花の色が白やピンク、青などのものもある。
喉の部分には黄色の斑紋が入る。
上唇は浅く2つに裂ける。
下唇は上唇より大きく、3つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「ひらめき」である。
8月6日の誕生花である。
属名の Torenia はスウェーデン人の宣教師「トレン(Olaf Toren, 1718-1753)さん」の名からきている。
種小名の fournieri はドイツ人の植物学者「フルニエ(Eugene Fournier, 1834-1884)さんの」という意味である。
写真は10月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
学名:Torenia fournieri


★暑いから乾杯しようごくごくと
 咲くトレニアは水が大好き
☆トレニアはちょっとおすまし見つめれば
 得意顔して悪戯仕掛け

d0059226_1452355.jpg


花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-08-06 14:08 | ゴマノハグサ科 | Trackback | Comments(0)

飛燕草(ヒエンソウ)

d0059226_1340138.jpg

飛燕草(ヒエンソウ)はキンポウゲ科オオヒエンソウ属(デルフィニウム属)の一年草である。
デルフィニウム属は北半球の温帯などに300種くらいが分布する。
同属のデルフィニウム・グランディフロルム(Delphinium grandiflorum)に大飛燕草(オオヒエンソウ)の和名があり、属名の和名はオオヒエンソウ属という。
なお、本種などをコンソリダ属(ヒエンソウ属)としてデルフィニウム属から分離する見解もある(Catalogue of Lifeなど)が、これについてYListではまだシノニムの扱いをしている。
本種の原産地は南ヨーロッパである。
英名はラークスパー(larkspur)ないしロケットラークスパー(rocket larkspur)という。
文献によっては別名を千鳥草(チドリソウ)とするものもある。
日本へは明治時代の初めに渡来したが、気候が合わずになかなか定着しなかった。
普及し始めたのは戦後のことである。
草丈は60センチから90センチくらいである。
茎は直立をする。
葉は手のひら状に細かく切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から7月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3~4センチくらいの大きな青紫色をした花をつける。
花の後ろに飛び出た距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)が目立つ。
園芸品種には青色、藤色、紅色、白などのものがあり、八重咲きのものもある。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
アルカロイドの1種であるデルフィニンを有し、有毒である。
花言葉は「慈悲」である。
属名の Delphinium はギリシャ語の「delphinos(イルカ)」からきている。蕾の形から名づけられた。
種小名の ajacis はギリシャ神話に登場する英雄「アイアス(Ajax)の」という意味である。
写真は5月に京都府立植物園で撮った。
園芸品種のブルースイングである。
学名:Delphinium ajacis(syn. Consolida ajacis, Consolida ambigua)


★様々に解釈されるラークスパー
 定説はどれと目を皿にして

d0059226_13401037.jpg


植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-06-02 13:42 | キンポウゲ科 | Trackback | Comments(0)

コリウス

d0059226_12542978.jpg

コリウスはシソ科コリウス属(コレウス属)の多年草である。
非耐寒性なので園芸的には一年草として扱う
文献によってはコレウス属を旧属名とし、プレクトランツス属として表示するものもある。
ここではYListの表示に沿ってコレウス属として扱う。
標準和名は金襴紫蘇(キランジソ)というが、ほとんど使われることはない。
園芸的にはコリウスの名で流通している。
原産地は熱帯アフリカなどである。
多くの園芸品種が作出されている。
斑入りの葉がカラフルで美しい観葉植物で、花はあまり目立たない。
草丈は20センチから80センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、多彩な色や模様が入る。
開花時期は6月から10月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の小さな花を穂状につける。
花冠は筒状で、先は唇形に裂ける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
花言葉は「絶望の恋」である。
属名の Coleus はギリシャ語の「koleos(管)」からきている。雄しべの形状に由来する。
種小名の scutellarioides は「タツナミソウ属(Scutellaria)に似た」という意味である。
写真は7月に清水公園花ファンタジアで撮った。
品種名はウインターサンである。
学名:Coleus scutellarioides (syn. Plectranthus scutellarioides)


★鮮やかな模様敷き詰め夏花壇
 出番が来たと輝くコリウス

d0059226_12544685.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-08-05 12:58 | シソ科 | Trackback | Comments(0)

プラティテカ・ガリオイデス

d0059226_10495110.jpg

プラティテカ・ガリオイデスはホルトノキ科プラティテカ属の常緑小低木である。
プラティテカ属はオーストラリアに数種が分布する。
かつてはトレマンドラ科に分類されていた。
原産地はオーストラリアの南西部である。
日本へ渡来した時期は不明である。
流通名をブルーコメット(Blue Comet)という。
樹高は50センチから80センチくらいである。
葉は細い線形で、8枚ずつ輪生する。
開花時期は4月から6月である。
葉の脇に濃い青紫色の花を下向きにつける。
花径は15ミリから20ミリくらいである。
花弁数は5枚で横に開く。
萼片数も5枚で星形になる。
萼の色は紅紫色である。
属名の Platytheca はギリシャ語の「platys(広い)+theca(ケース、葯室)」からきている。
種小名の galioides は「(アカネ科の)ヤエムグラ属(Galium)に似た」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Platytheca galioides


★葉を見ればエリカのような姿だよ
 ブルーコメットは豪州育ち

d0059226_10501698.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-27 10:54 | ホルトノキ科 | Trackback | Comments(0)

城ヶ崎(ジョウガサキ)

d0059226_1402977.jpg

額紫陽花(ガクアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
原産地は日本である。
紫陽花(アジサイ)の原種で、関東地方、中部地方、伊豆諸島、小笠原諸島などに分布し、暖地の海岸の斜面に生える。
城ヶ崎(ジョウガサキ)はその品種の1つで、伊豆の城ヶ崎海岸で発見された。
特徴は装飾花が八重咲きをすることである。
樹高は2~3メートルくらいである。
葉は卵形で厚く、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~7月である。
花序の周辺には八重咲きをする花びら(萼片)でできた装飾花がある。
中央部は両性花になっている。
両性花は花径1センチにも満たない5弁花である。
花の色は淡い青紫色である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の normalis は「通常の」という意味である。
園芸品種名の Jogasaki は自生地である「(伊豆の)城ヶ崎」のことである。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. normalis 'Jogasaki'


★八重の夢羽ばたかせ咲く城ヶ崎
 自然が生んだ宝の小箱

d0059226_1405213.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-19 14:04 | ユキノシタ科 | Trackback | Comments(0)

斑入り蔓日日草(フイリツルニチニチソウ)

d0059226_12111240.jpg

蔓日日草(ツルニチニチソウ)はキョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方である。
斑入り蔓日日草(フイリツルニチニチソウ)はその園芸品種である。
特徴は葉に斑が入ることである。
草丈は10~50センチくらいである。
蔓性で地面を這って伸びる。
葉や花のつく茎は直立する。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は肉厚で艶がある。
開花期は3~7月くらいである。
花径4~5センチの青紫色をした花をつける。
花冠は5つに裂け、プロペラのようである。
葉はよく茂るが、花つきは少ない。
花の後にできる実は細長いさや状の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Vinca はラテン語の「pervinca(同属の1種)」の省略形である。
種小名の major は「巨大な」という意味である。
品種名の Variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Vinca major 'Variegata'


★瑠璃色の夢載せ回るプロペラを
 ほんのり包む葉の色淡く

d0059226_12112558.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-05-31 12:14 | キョウチクトウ科 | Trackback | Comments(0)

犬姫小槌(イヌヒメコヅチ)

d0059226_13274324.jpg

犬姫小槌(イヌヒメコヅチ)はシソ科アキギリ属(サルビア属)の多年草である。
原産地は北アメリカである。
アメリカ合衆国の南部からメキシコにかけて分布し、乾燥地などに生える。
英名はランスリーフセージ(lanceleaf sage)である。
ランスリーフは柳葉を意味する。
学名のサルビア・レフレクサで表示するものもある。
日本では、栽培逸出したものが、本州(群馬県、東京都、岐阜県、三重県)、四国(香川県)、九州(宮崎県)で野生化している。
海外でも、カナダ、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどで野生化している。
草丈は10センチから70センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から10月くらいである。
茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い青紫色をした唇形の花をつける。
上唇は立ち、下唇は反り返って浅く3つに裂ける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。
種小名の reflexa は「背曲した」という意味である。
写真は9月に東京都木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Salvia reflexa


★犬の名がつくと何やら野生的
 可愛い花が咲いているけど

d0059226_1327586.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-09-06 13:32 | シソ科 | Trackback | Comments(1)

ベロニカ・スピカータ

d0059226_1115944.jpg

ベロニカ・スピカータはゴマノハグサ科クワガタソウ属(ルリトラノオ属)の多年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
ヨーロッパから北アジアにかけてユーラシア大陸に広く分布する。
特徴は矮性種で花数が多いことである。
草丈は20センチから40センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から9月くらいである。
茎先に長い穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の小さな花をたくさんつける。
花径は4ミリから8ミリくらいで、花冠は4つに深く裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Veronica は聖者ベロニカに捧げられた名である。
種小名の spicata は「穂状の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
園芸品種のロイヤルキャンドル(Royal Candles)である。
学名:Veronica spicata (syn. Pseudolysimachion spicatum)


★たくさんの青いキャンドル飾り立て
 楽しそうだね誰のお祝い

d0059226_11152798.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-08-05 11:20 | ゴマノハグサ科 | Trackback | Comments(0)

サルビア・タキエイ

d0059226_14123462.jpg

サルビア・タキエイはシソ科アキギリ属(サルビア属)の多年草であるる
原産地は東ヨーロッパから西アジアにかけてである。
異名をサルビア・フォルスカオリー(Salvia forsskaolii)という。
草丈は60~90センチくらいである。
根際に生える葉は卵円形で大きい。
開花時期は7~8月である。
茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした筒状の花をつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。
種小名の tachiei は人名由来のようだがはっきりしない。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Salvia tachiei


★日本ではまだまだ知られぬサルビアが
 猛暑の中で天衝くように
d0059226_14125670.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-07-09 14:14 | シソ科 | Trackback | Comments(0)