<< 湖上の舞(コジョウノマイ) 雨宿(アマヤドリ) >>

駿府桜(スンプザクラ)

d0059226_5341713.jpg

駿府桜(スンプザクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
東京小金井の「ヤマザクラ」の実生選抜品種で、国立遺伝学研究所にて作出された。
染井吉野(ソメイヨシノ)と山桜(ヤマザクラ)の交雑種と考えられている。
樹高は4から7メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月上旬である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花径は3センチくらいの中輪で、一重咲きである。
花の色は淡い紅色で、花弁は5枚である。
花弁の形は細長い卵形である。
萼筒の形は細長い壺形である。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus jamasakura Sieb.cv.Sunpu-zakura


★どのような謂れあるかと調べるが
 ますます謎は深まるばかり

d0059226_5343663.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-03-30 05:35 | バラ科
<< 湖上の舞(コジョウノマイ) 雨宿(アマヤドリ) >>