<< 細葉の山母子(ホソバノヤマハハコ) インパチェンス・レペンス >>

アルソビア・ディアンティフローラ

d0059226_8115892.jpg

アルソビア・ディアンティフローラはイワタバコ科アルソビア属の常緑多年草である。
原産地はメキシコ、グアテマラ、コスタリカである。
樹上に着生する蔓性植物で、匍匐枝を伸ばして広がる。
英名はレースフラワーバイン(lace-flower vine)である。
蔓は長さが150センチくらいになる。
茎は赤味がかっており、うぶ毛がたくさん生える。
葉は幅の広い楕円形で、うぶ毛がたくさん生えており、肉厚である。
葉脈も赤味がかる。
開花時期は5~10月くらいである。
花冠が筒状で、先がレースのように切れ込んだ白い花をつける。
花の長さは25ミリくらいである。
属名の Alsobia はギリシャ語の「alsos(森)+bios(生命)」からきている。
種小名の dianthiflora は「2つの葯のある花の」という意味である。
写真は7月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Alsobia dianthiflora


★切れ込んだ縁がレースを思わせて
 茎も葉っぱもふんわりとして
d0059226_8121146.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-08-16 08:15 | イワタバコ科
<< 細葉の山母子(ホソバノヤマハハコ) インパチェンス・レペンス >>