<< 城ヶ崎(ジョウガサキ) 西洋接骨木(セイヨウニワトコ) >>

黄金柾(オウゴンマサキ)

d0059226_11375233.jpg

黄金柾(オウゴンマサキ)はニシキギ科ニシキギ属の常緑低木である。
漢字では「黄金正木」とも書く。
ニシキギ属は世界の温帯や熱帯に220種くらい分布する。
本種は分類上は、北海道の南部から沖縄にかけて分布する柾(マサキ)の変種でとされている。
もともとは熊本県の内牧温泉近くの農家にあったものが撮影地などで増殖された。
樹高は1~3メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面が黄色いのが特徴である。
黄金色の葉が年間を通して美しい。
開花時期は6~7月である。
枝先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、黄緑色をした小さな目立たない4弁花をつける。
秋に果実が熟すると、裂開して赤橙色の仮種皮に覆われた種子が現れて美しい。
花言葉は「厚遇」である。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
変種名の aurea は「黄金色の」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Euonymus japonicus var. aurea


★美しい葉が特色の樹木だが
 花も咲きます実もなるのです

d0059226_11381262.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-18 11:40 | ニシキギ科
<< 城ヶ崎(ジョウガサキ) 西洋接骨木(セイヨウニワトコ) >>