人気ブログランキング |

2009年 03月 05日 ( 1 )

日本水仙(ニホンズイセン)

d0059226_6223336.jpg

水仙(スイセン)はヒガンバナ科スイセン属の多年草である。
日本水仙(ニホンズイセン)は房咲き水仙(フサザキスイセン)の仲間である。
房咲き水仙(フサザキスイセン)の原産地は地中海沿岸地方で、シルクロードを経由して中国にもたらされた。
日本へは、平安時代に遣唐使などによって薬草として持ち込まれ、野生化して日本水仙(ニホンズイセン)となった。
草丈は40センチくらいである。
根際から生える葉は平たい線形で、4~6枚ある。
開花時期は12~3月である。
花の色は外側が白く、真ん中にある副冠といわれる筒状の部分黄色い。
俳句では「水仙」や「水仙花」が春の季語である。
写真は12月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Narcissus tazetta var. chinensis


★お世辞など言っては厭よおほほのほ
 自慢顔して水仙の咲き

d0059226_6224937.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by ryudesuyo | 2009-03-05 06:22 | ヒガンバナ科