人気ブログランキング |

2011年 12月 22日 ( 1 )

薄毛細辛(ウスゲサイシン)

d0059226_10432194.jpg

薄毛細辛(ウスゲサイシン)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
原産地は中国、朝鮮半島である。
韓国や中国では、生薬の細辛(さいしん)の基原植物とされている。
中国名は毛柄細辛(モウヘイサイシン)、英名はチャイニーズワイルドジンジャー(Chinese wild ginger)である。
分類上は、奥蝦夷細辛(オクエゾサイシン)の変種とされている。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉は円心形で、2枚つく。
開花時期は4~5月くらいである。
花茎の先に茶色い壺形の花を1つずつつける。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の heterotropoides は「カンアオイ属(Heterotropa)に似た」という意味である。
変種名の seoulense は「(韓国の)ソウルの」という意味である。
写真は4月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Asarum heterotropoides var. seoulense


★ひっそりと地面の上に花咲かせ
 人に役立つ薄毛細辛
d0059226_10435010.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo | 2011-12-22 10:46 | ウマノスズクサ科