2012年 08月 17日 ( 1 )

細葉の山母子(ホソバノヤマハハコ)

d0059226_1128655.jpg

細葉の山母子(ホソバノヤマハハコ)はキク科ヤマハハコ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の中部地方(福井・愛知県)から九州にかけて分布し、山地の草原に生える。
草丈は30センチくらいで、近縁種の山母子(ヤマハハコ)よりも小形である。
茎は白い綿毛に覆われる。
葉は細長い披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の幅は2~6ミリくらいである。
開花時期は8月から9月である。
枝の先にたくさん花(頭花)をつける。
白い花弁に見える部分は総苞片(花序全体を包む葉の変形したもの)である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Anaphalis はギリシャ語の「Gnaphalium(ハハコグサ)」からきている。語中の文字を並べ替えて作った。
種小名の margaritacea は「真珠のような」という意味である。
変種名の angustifolia は「細葉の」という意味である。
写真は8月に志賀高原の東館山高山植物園で撮った。
学名:Anaphalis margaritacea var. angustifolia


★なるほどね葉っぱがかなり細くって
 ひ弱に見える花支えるに
d0059226_11282819.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-08-17 11:31 | キク科