人気ブログランキング |

2013年 05月 17日 ( 1 )

カトレア・アウランティアカ

d0059226_12139100.jpg

カトレア・アウランティアカはラン科カトレア属の多年草である。
カトレア属は中南アメリカに40種くらい分布する着生種である。
属名の読み方は「カトレヤ」とするものもある。
本種の原産地はメキシコ、エルサルバドルである。
標高300~1600メートルの雨林に生える着生種である。
種小名の読み方は「オーランティアカ」とするものもある。
草丈は10~20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
垂れ下げた花茎に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径2~3センチの橙色の花をつける。
花の色には黄味の強いものや朱色の濃いものがある。
属名の Cattleya はイギリス人の植物収集家「カトレイ(William Cattley, 1788-1835)さん」の名からきている。
種小名の aurantiaca は「黄色を帯びた橙色の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Cattleya aurantiaca


★カトレアにこんな色目もあるんだね
 小さいけれどたくさんの花
d0059226_122230.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
by ryudesuyo | 2013-05-17 12:04 | ラン科